2011年7月18日 (月)

男の部屋は雑然美・・・。

Pen_06 写真:PEN
男の部屋特集なるタイトルのついた雑誌が平積みされていると、ついつい買ってしまう癖があるものの、家に帰ってページをめくると、タイトル倒れの企画が多く、これまでさんざん騙されてきた私はまったくのダメ男なのであります。
毎年二回、書籍・雑誌の整理・破棄をするのですが、どこにしまっておいたのかも忘れていた雑誌・PENが納戸から登場・・・。一冊一冊の写真を見ながらの整理を、長期戦の予感を残しつつはじめました。雑誌は不思議なもので、永く保管してあったものを一気に通しで見るとその時代時代の趣に違いのあることがよく分かります。編集長・スタッフ・ライターなど雑誌に関わる皆さんの交響が紙面に表れるのですから、当然とはいえ、センスの差がハッキリ読めるのも恐ろしいことであります。
この写真はその中から切り取った一ページですが、男のインテリア特集の中で、私の好きな気配の一枚です。靴のデザインナーの部屋ですが、うらやましいほどのモダンナチュラル感に満ちています。今から20年以上前から一大潮流だったイタリアモダンデザインさえ今や何処へ行ってしまったのかと思うほどですが、やはり、日本人にはWOODYが似合いますね。広い空間に大きめな木の板・・・、これ以上贅沢な感覚はありませんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)