« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月21日 (土)

南仏・CASSISの港町

Ricoh_gx200_photo_320 5月27日にマルセイユから立ち寄った港町のCASSISは、予備知識もなかったので、妙な固定概念もなく楽しい数時間を堪能できました。この港町の周辺は複雑な入江に囲まれ、その美しい街並みもさることながら、生活を心底から楽しんでいる人々の様子は、このフリーマーケットに出店しているゆとりとあそびに溢れた雰囲気にも表れています。
東京の週末にどこかで開かれているフリマは既に形骸化し、このようなゆとり感がまったくありませんし、縁日と同じような香具師がしきっているところも多いときいています。
このフリーマーケットは地元のロータリークラブが主催していたので、出店している方々もそれなりのふるいにかけられた皆さんとお見受けしました。因みに、フランスの古いジャム入れの瓶などは東京の30分の一程度の価格でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

早朝のエクス・アン・プロヴァンス

Rimg423932 もともとの性格かも知れませんですが、旅行に出かけると、早朝に町を散策する癖があり、これは間違いなく父親譲りであります。
5月下旬に訪れた南仏のエクス・アン・プロヴァンスでも、まだ人気のない早朝の町を歩いてみましたが、日中のファッショナブルな人で溢れかえる町もこのような不気味さであります。
元来、どこにでも出かけてやろうという性格で怖いものなしのため、護身用のツールなど持たず、何かあれば、日ごろ自転車で鍛えた健脚で一目散に逃げきるしかありません。
この町も、日本のような、自治体の清掃車など来るわけでもなく、歩道には昨日の名残なども落ちていますが、朝日が射し始めると、15世紀からの街並みに明るい色調が現れ始めます。
この町は、さほど広いわけでもありませんが、其処彼処にカフェがあって、200円程度で美味しいカプチーノをいただけるのですから、一日中、座って眺めているだけでも楽しいのであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

Y字路の多いジュネーブ旧市街

Rimg42273 5月25日にジュネーブ旧市街に向かい、南仏旅行の買い物を済ませ、バスに乗って市内見物をしました。ジュネーブ旧市街は坂とY字路の多いせいか、起伏のある地勢の面白さばかり気になっていました。フランスの影響を受けたきれいなバルコニーが各建物の主たるビジュアルとなって、そのエレガントな気配は西日を受けると陰影も増幅されて、メランコリックな雰囲気となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »