« やっぱりMoccoだ。 | トップページ | ささまの雪輪 »

2011年12月29日 (木)

北石さんの印鑑。

Rimg35252 Rimg35255 Rimg35257 17年前、表参道の路上で雅印を彫っていた北石さんという中国人が居て、その篆刻技術と完成までの速さに圧倒され、幾度と訪れては立ち止まって見ていたのです。しばらくして、北石さんは中国硯や朱肉から骨董品を本土から輸入し、それが中華レストランのオーナーの目に留まり、あっという間に中国雑貨店を出すまでになりました。その後、北石さんの店で中国の画材や便箋・封筒を買っているうちに、北石さんから突然贈られたのが、この印鑑です。3センチ四方の象牙製のみごとなもので、上に吉祥をもたらす想像上の動物が鎮座してますが、肝心な篆刻文の意味を書いてくれた紙がどうしても見つからず、使いたくとも、この意味を理解してなければどうしようもないのであります。北石さんは中国に戻り、いわゆる大実業家として一家を成されているようですから、この印鑑も開運招福の記念として、抽斗の中にそっと寝かせています。

|

« やっぱりMoccoだ。 | トップページ | ささまの雪輪 »

コメント

謹賀新年、本年も宜しくどうぞ。
清心常保真 と読むと思います。
意味は確認できませんでしたが、唐詩となっています。
清き心を保てばそこに真が有るとの意味かと思います。

なお、印鑑との表現をハンコ屋自身が使うご時世にて
致し方ないのですが、印鑑とは本来印影を現すものと
されています。
印鑑証明は印影の証明ですね、昭和4年発行の印章の総合カタログ
168ページに於ても印鑑なる呼称は存在しません。

印鑑との表現が使われたのは、貴重で高価な物のイメージに繋がる
雰囲気が有ったからでしょうか?

ここまで広く印鑑の表現が社会に浸透すると、打ち消す
ことは難しい次第です。

投稿: JP | 2012年1月 5日 (木) 09時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北石さんの印鑑。:

« やっぱりMoccoだ。 | トップページ | ささまの雪輪 »