« アルプス二日目・・・。 | トップページ | 聴こえてくる楽しさ。 »

2011年7月24日 (日)

これで山岳もおしまい。

Rimg37584 Rimg37634 アルプス3連戦の最終日は、109.5kmという短距離決戦。わずか3時間ほどで終わってしまうステージは、おそらく誰もがスタートから猛スピード で走り出すに違いない。特に山岳賞の行方が未だ決定していない場合、ヒルクライマーたちは最後のポイント収集に向けて全速力で逃げを試みるだろう。そして 今ステージ終了時に、2011年赤玉ジャージの争いは終結する。

もちろんマイヨ・ジョーヌと表彰台を巡る争いも、ステージ序盤から大きく揺れ動くだろう。この短いステージに登場する峠は3つ。前日 ゴールの舞台となったガリビエ峠を、この日は逆から登坂する。その前に、ガリビエとほぼセットで一緒に登場する1級テレグラフ峠(登坂距離11.9km、 平均勾配7.1%)をこなす必要あり。そして山頂からわずか4.5km下ると、すぐに超級ガリビエ登山へ取りかかる(16.7km、6.8%)。さすがに 今回は標高2645m地点までは上らずに、2556m地点から長い長いダウンヒルをはじめる。そして延々40kmほど下って、スプリンターには関係のなさ そうな中間ポイントを越えると、いよいよ2011年大会最後の山頂フィニッシュへのアタック開始。自転車界で最も有名なアルプス伝説の峠、ラルプ・デュエ ズの「21のヘアピンカーブ」へ突入だ!

1952年にファウスト・コッピが史上初めて制して以来、2008年カルロス・サストレまで、過去26回の熱戦がこの山で繰り広げら れてきた。優勝者の名前はカーブ地点の番号プレートに刻まれることでもおなじみ。2006年勝者のフランク・シュレクの名前は、18番カーブに見つけるこ とができる。そして2011年勝者には、オランダのヨープ・ズートメルクと同じ16番カーブ、つまり登坂口から数えて6番目の曲がり角に永遠にその名を残 す名誉が与えられる。

アルプス山越え最終日は、ラルプ・デュエス峠に向かう最高にスリリングなひと時でした。自転車レースの先の読めない展開が次々に起こり、サイボーグのような選手も徐々に淘汰されていくなか、コンタドール選手が序盤からアンディ・シュレックを引っ張りペダリングも他の選手とは比較にならない回転ピッチでした。方や、マイヨ・ジョーヌを着続けるフランスのプライドの権化・ヴォクレール選手は、管理されたチームマネージメントとは真逆な孤高な一人旅の連続でしたが、くたびれたり追い上げたりと、表情があからさまで30年前の選手の雰囲気を漂わせ、私世代には嬉しい姿を堪能させてくれました。

ラルプ・デュエス峠で待ち受ける熱狂フアンも以前からすれば興奮度が静かになってましたが、それでも、選手とフアンの接触寸前の様子が見ものでありました。

|

« アルプス二日目・・・。 | トップページ | 聴こえてくる楽しさ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これで山岳もおしまい。:

« アルプス二日目・・・。 | トップページ | 聴こえてくる楽しさ。 »